家庭用脱毛器の隠れたコストとは?

エステやクリニックでの光やレーザーを使った脱毛を、家庭でも手軽にできると人気なのが家庭用脱毛器です。マシンの値段は高いですが、好きな時間にできることから忙しくて予約がとりにくい方に特に人気を博しています。

そんな家庭用脱毛器、選ぶのに効果が高いのはもちろん、本体価格が安いことが重要と思われるかもしれません。確かに安いのは重要ですが、実は本体以外にもかかる意外なコストがあるのです。それがカートリッジです。

これがなくなってしまうと交換をすることになります。もちろん無料ではなく有料なので、交換の度に一定の値段がかかることになります。

このカートリッジ、4千円から8千円ほどと値段に開きがありますが、実際に把握したいのがショット数です。下は5千円ちょっとで750発、上は8千円弱で5万発とかなりの開きがあります。

全身脱毛となると到底750発では終わりませんので、本体価格が安くてもショット数が少なく、カードリッジをすぐ交換となる前者よりも、ショット数が多い後者の方がコスパがいいのです。

家庭用脱毛器のリスクとは?

家庭用脱毛器を購入したけど危険を感じたり失敗してしまったり、そんな後悔をする場合があります。

脱毛効果が高い機器にはダイオードレーザーや光学レーザーを使用しており、うっかり目に照射してしまうと熱で焼けるため失明する恐れがあるのです。

家庭用脱毛器には、大抵目を保護する防護グラスが付属しているので装着してから使用すれば問題ありませんが、乳幼児や小さな子供がいる場合には、ふとした拍子に目にフラッシュやダイオードレーザーが照射されてしまい、視力に甚大な影響を与えかねません。

このような不幸な事故を防ぐために、家庭用脱毛器メーカーも工夫をこらしています。例えば先端部分が、肌に触れていない時にはフラッシュやダイオードレーザーを照射しないという安全機能を付属している脱毛機器が増えてきているのです。

家庭用脱毛機器を規制する法律が存在しないため、購入者側がリスクを知っておきましょう。製品を購入する際には、脱毛効果とともに事故防止や安全機能に配慮した物を選ぶことが大切です。